毛根の役割

加齢やストレス、生活習慣などからくる薄毛で悩まれている方は多く、男性だけの問題ではなく、女性も薄げに悩まされている方もいます。このような髪の毛のトラブルにたいして、育毛剤や育毛効果のあるシャンプーなどでケアしている方の中には、なかなか効果を実感できず途中で使用を断念される方もいますが、髪の毛が造られる仕組みを知ることによって毎日の育毛に対しての考え方も少し変化をしていきます。頭皮から生えている髪の毛は、既に死んでいる細胞で、その毛髪の根の部分は毛包に包まれています。その毛包のさらに内部には毛母や乳頭などの細胞組織があり、これらの組織が細胞分裂を繰り返して毛髪を育てていきます。髪の毛を育てる原料はミネラルやアミノ酸で毛細血管が毛乳頭に、その栄養分を運びますので、頭皮の血行は育毛に大きく影響します。このような仕組みで毛髪は成長していきますので、髪の毛や頭皮の表面だけに育毛剤を塗ったりしただけでは効果を得ることはできませんので、頭皮環境を整え毛髪の成長に大きな役割をしている毛根まで浸透するように育毛剤を使用する事が大事で、それと平行して育毛サプリメントなどを使用して、内部からも対処していくことも必要です。

Comments are closed.