毛幹の役割

毛幹とは、毛髪全体のうち、頭皮から外に出ている部分を指します。
外側から内側に向かって、毛小皮、毛皮質、毛髄質の3つの層からできています。
それぞれ、キューティクル、コルテックス、メディアなどのように呼ばれることもあります。
一番外側の毛小皮は、1000分の1ミリ程度の薄い膜ですが、複数の細胞が魚のうろこのように重なってできています。
およそ4分の3程度が重なりあって隠れてしまうため、髪の表面に見えている部分はほんのわずかです。
しかしながら、とても丈夫であるため、外部の刺激から髪の内部を守ってくれています。
それでも毛小皮が傷んでしまうことがあり、傷んでしまった場合には髪の毛は艶を失います。
髪の毛の内部も痛んでしまうため、裂けたり切れたりするばかりでなく、抜け毛の原因になることもあります。
その内側にある毛皮質は、細いタンパク質の繊維が束になった構造をしています。
繊維同士がばらばらにならないように、軟らかいタンパク質が繊維どうしの間の隙間を埋めて、つなぎのような役割をしています。
また毛小皮が傷んでしまうと、髪を洗ったりする時に繊維の間にある軟らかいタンパク質が外へ流れ出してしまいます。
そうすると、細かいタンパク質の繊維の束がまとまらなくなってしまい、毛皮質の強度や弾力性が失われてしまいます。
髪の毛が丈夫でしなやかなのは、このような構造でできているためで、意外にも繊細なものであることがわかります。

Comments are closed.